交通のご案内   お見舞いメール   個人情報保護関連 
HOME 病院のご案内 外来のご案内 入院のご案内 求人のご案内 地域医療連携室
TOPページ > 内視鏡センターのご紹介 > 保有機器 > 拡大内視鏡 
内視鏡センターのご紹介 (拡大内視鏡)
胃における拡大内視鏡 大腸における拡大内視鏡 食道における拡大内視鏡
胃における拡大内視鏡
 胃癌の診断
日本人においては,胃癌での死亡率は低下しているものの 今だにその発生率は高く,胃カメラを受けていただく上でも, 非常に重要な疾患であります。 内視鏡の技術が進むと共に, 内視鏡診断学も進んでまいりました。 その昔は胃カメラの仕事は胃癌が存在する事を診断する事がもっとも大きな役割でした。 しかし,早期胃癌の概念が確立し,小さな早期胃癌であれば,内視鏡治療で根治できるようになってきた事もあって,より正確に病変を診断する必要性が出てまいりました。

胃は大腸などと違って,胃炎が存在するために,早期癌を発見しても,その範囲を正確に診断していく事が困難な場面が存在します。 これまでは,主に病変の色や凹凸といったものを内視鏡で捕らえて診断していました。
 内視鏡の進歩
内視鏡機器の進歩によって,検査時にリアルタイムで虫めがねで見るような拡大観察が可能になってきました。 一般的にそのような機能を持った装置を拡大内視鏡と呼んでいます。
拡大内視鏡で胃の病変を見てみると,より細かい情報(主に正常な部分と異常な部分の網細血管の構造の違い)が得られるようになり,より詳細な診断が可能になってきています。

【当院で経験した早期胃癌病変】
 (御本人の了解を得て公開しております)
経鼻内視鏡 経口内視鏡
経鼻内視鏡よりもさらに経口内視鏡の方が鮮明に病変を写しています。 さらに,経口内視鏡では,ここから倍率を上昇させて表面構造を詳細に観察する事が可能です。
表面の構造,血管構造を詳しく観察していきます。  正確な範囲診断の後,内視鏡的治療を行います。