交通のご案内   お見舞いメール   個人情報保護関連 
HOME 病院のご案内 外来のご案内 入院のご案内 求人のご案内 地域医療連携室
TOPページ > 内視鏡センターのご紹介 > 内視鏡診断あれこれ 
内視鏡センターのご紹介 (内視鏡診断あれこれ)
保有機器 内視鏡診断あれこれ
Narrow Band Imaging (NBI)
 早期癌の診断の重要性
消化器内視鏡検査において、早期癌の診断は最もニーズが高く、病変が発生した患者さんのその後の人生を大きく左右する重要な使命となっています。
 早期癌の観察
少し難しい話になりますが、癌は自分自身が育っていくために正常な組織の血管を破壊し、自分自身を養う血管を構築していく性格を持っています。この血管の変化をより鮮明に観察する事は、より正確な診断につながる事になります。
 元々、人の体は血が通っており、胃腸は赤っぽい色調をしています。拡大内視鏡によって、細かな血管はかなりよく見えるようになってきましたが、やはり周囲の色調と似たものを観察するのは難しい面がありました。これを解決したのが特殊光を用いた内視鏡システムです。
        
 新しい内視鏡装置
今回、当院で導入されましたOLYMPUS社製NBIシステムはスイッチ一つでこの血管の観察を容易にしました。
 現在のところ、咽頭や喉頭、食道の早期癌の発見率の向上や深達度(進行度)診断、早期胃癌の範囲診断能の向上、大腸腫瘍性病変の発見率や性状の診断能の向上などが報告されております。
 我々は、このNBIシステムを上下部消化管検査に同時に導入いたしました。病変が見つかった際の細かな観察という部分での診断能向上については、病変が見つかった一部の患者様にしかメリットが生じませんが、通常の検査では発見しにくい病変が発見しやすくなる点は,検査を受けていただく全ての患者様にメリットがあるものを確信しております。
 当院での内視鏡検査のおすすめ
 胃腸の疾患をかかえておられる、胃腸の調子が気になる、定期的な内視鏡検査を受けておられる、健康の維持のために、など内視鏡検査を受けるきっかけは様々なケースがあると思われます。
しかしながら、より診断能の高い検査を受ける事はどなたにもメリットがあるものと考えられます。
 内視鏡検査の際には、最新の内視鏡システムで対応させていただける当院での受診をご考慮いただければ幸いです。

 もちろん、新しいシステムを有効に利用できるように、内視鏡医も全国を行脚して、研鑽を続けております。当院での内視鏡診断、内視鏡治療について、患者さま、医療従事者にかかわらず、興味を持っていただければと考えております。