交通のご案内   お見舞いメール   個人情報保護関連 
HOME 病院のご案内 外来のご案内 入院のご案内 求人のご案内 地域医療連携室
TOPページ > 診療技術部門のご案内 > リハビリテーション科 
リハビリテーション科
リハビリテーション科は、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)とリハ助手のスタッフにより、患者さまの機能回復や社会復帰に関する様々な業務を行っています。
また、職種を問わず積極的に連携し、患者さまがより充実し安心できる生活を送れるよう日々努力しています。
入院 ・ 外来業務
 理学療法業務
*理学療法*
理学療法士(PT)とは…
 寝返り、起き上がり、立ち上がり、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の改善を図ります。 また、福祉用具や住宅改修を提案することで、日常生活の自立を目指します。

理学療法の対象になる方
● 整形外科疾患
 手足、脊椎の骨折、肩関節周囲炎、変形性関節症靭帯損傷、腰痛、頸部痛、四肢の切断、椎間板ヘルニア、様々な理由で痛みのある方
● 呼吸器疾患
 慢性閉塞性肺疾患、肺炎、結核後遺症により呼吸が苦しく動作に支障のある方
● 内科的疾患、体力低下
 糖尿病、高齢、術後体力低下、近い将来運動機能の低下により要介助状態になることが予想される高齢者、メタボリックシンドロームの方
● 中枢神経疾患
脳卒中、脊髄損傷、脳の外傷、腫瘍などにより動作が困難な方
 
 言語聴覚療法業務
*言語聴覚療法*
言語聴覚士(ST)とは…
 ことばやきこえ、食物を口から食べることに障害がある方に専門的なサービスを提供し、自分らしい生活を送ることが出来るよう支援します。

言語聴覚療法の対象になる方
● 脳卒中の後遺症などにより、言葉が理解しにくい・話しにくい方 (失語症・構音障害・高次脳機能障害・音声障害など)
● 食事の時、飲み込みにくい・ムセがある方
● その他コミュニケーションに問題がある方
 
チーム医療への参加
 生活習慣病療養指導チーム
糖尿病学習入院や糖尿病教室において、PTが、糖尿病の運動療法について指導や講演をしています。 また、入院中の患者さまには、PTの管理下で実際に血糖を下げるための運動を行ってもらっています。
 NST(Nutrition Support Team:栄養サポートチーム)
栄養サポートの必要な患者さまに対して、最適な栄養法を行うことで病気や傷が一日も早く治癒 されるようNSTのメンバーとしてPT、STが参加をしています。主に嚥下が困難な患者様に対して摂食嚥下のアセスメントを行いますが、実際に基礎練習などをしていただくといったことも行っています。また定期的に勉強会に参加し、様々な病態での栄養療法についての知識の向上にも努めています。
 ICT(Infection Control Team:感染制御チーム)
院内感染防止対策を行うチームにおいて、リハビリテーション科内にとどまらず、院内の感染防止に対する意識の向上、方法の徹底などの啓蒙活動を行っています。
 T・TAK
年に数回開催されます介護教室での講師を行っています。 寝たきりにならないための運動や日常生活における介護の工夫などの内容で講演を行っています。
理学療法士養成
当科では、毎年理学療法士養成校からの実習生を受け入れています。
スタッフが取得している資格
● 3学会合同呼吸療法認定士